詐欺にはご注意下さい。

 

夏風邪による自宅療養から本日復帰しました、栗野です。どうも風邪が流行ってるみたいなので、読者の皆さんは気をつけて下さい。

 

さて、今回は大学1年の春、僕に届いた1件のLINEの話をしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

「くりちゃんボートタイケンシニコナイ?」

 

これは僕が初めて艇庫に行く元凶きっかけとなった、現主将・新井くんからのLINEです。

僕と新井くんは志木高出身で、高校1,2年と同じクラスで仲が良く、

このLINEをしていた時はたしか春休みに広瀬すずの写真集発売記念イベントに行こうと話していました。

 

「体育会の体験なんて行ったら囲まれて逃げられないんじゃ……」

と嫌な予感がしたので、やんわり断ろうとしていたのですが、

既に予感は的中していました。

このLINEを皮切りに、新井くんによる半ば強引な勧誘が始まったのです。

 

当時、内部進学組に与えられた長い長い春休みを海外で謳歌していた僕に、彼は何度も連絡をし、ついにはこんな事を言い出しました。

「くりちゃんはボートに向いてると思う」

いや、漕いだことないのにわかるかっ!!と心の中でつっこみつつも、

でも、インターハイ出場した人にこんなこと言われてみて下さい。

 

そりゃ悪い気しません。

むしろ良い気分です。

 

浮かれて調子に乗った僕は

「1回だけ行ってみるか」

と、見事に新井くんに口説かれてしまったのですが、

ここには大きな落とし穴がありました。

 

 

今思えば、彼は僕にボートがいかに楽しいかしか話してくれず、どれほど辛いかを話してくれませんでした。

まさか1時間ぶっ通しでバーピージャンプを1000回も飛ぶなんて聞いてないですし、

まさか朝3時に起きて戸田~銚子間、約300kmを5日間かけて漕ぐなんて聞いてないわけです。

気づいた時にはもう手遅れでした。

そうです、

まんまと騙されました。

 

 

こうして新井くんに乗せられた僕は、試乗会に行き、先輩方の熱い勧誘を受け、慶應が勝った早慶戦を見て、入部を決めました。

騙されただなんだ言ってますが、今では悪質な熱心に勧誘をしてくれた新井くんにはもちろん、

本来会えるはずだった広瀬すずとは似ても似つかないゴリゴリマッチョの先輩方にも、

とても感謝しています。(本当に)

 

おかげ様で個性的な仲間と毎日ワイワイガヤガヤ、本当に楽しくて刺激的な毎日を送れています。

最後のインカレは何がなんでも勝って、笑顔で「騙されてよかった」と言えるように頑張ります!

 

お次は最近アロハなピートくん。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *