八村塁と宇多田ヒカルと伊坂幸太郎

こんにちは!4年の荒谷です。雨が降りじめじめとした気候が続いておりますが皆さんい
かがお過ごしでしょうか。今回は最近の私の3大重要人物を紹介しようと思います。

その① 八村塁
皆さん、八村塁が遂にやりました!6月20日、八村塁がNBAのワシントンウィザーズに1巡目9位でドラフトされました。1巡目で指名されるのは日本人初の快挙です!!
バスケの面でも驚異的な成長を遂げた彼ですが精神的にものすごく成熟しているなと思いました。世界中が注目しているインタビューでとても落ち着いて受け答えをしている姿はとても同い年には見えませんでした。高校生のときは全く話せなかった英語を流暢に話していて彼の努力にはただただ尊敬です。
即戦力として期待されているみたいで彼の試合をたくさん見れるのが楽しみです!改めて八村塁、おめでとうございます!!!

 

 

 

 

素晴らしい笑顔ですね。

その② 宇多田ヒカル
宇多田ヒカルって最高ですよね。艇庫でもファンが何人かいて、去年梅津が宇多田ヒカルのライブ“Laugter in the Dark”を観に行ったようです。僕も諦めないで応募すればよかった… 最近、netflixでそのライブ映像が公開されました。加入しといてよかったー
彼女はライブの歌声が音源以上のクオリティだと言われてますが目を閉じてるとCDを聴いてるか本当にわからなくなります。ライブならではのおしゃれなアレンジしていて引き込まれました。
曲も全部最高。特に“Kiss and Cry”っていう曲は今まで知らなかったのですが韻を踏んでサビに突入するところがかっこいいです。毎日聞いてます。おすすめなので是非一度聞いてみてください。

 

 

 

 

 

PVではアニメキャラが歌っています。

その③ 伊坂幸太郎
最近なにか本を読もうと思って伊坂幸太郎の本を読み漁っています。読書で挫折しがちな僕も彼の小説だとスルスル読めてしまうほど面白いです。いろんな人物の視点から物語が進んでそれが交錯する瞬間といつの間にか騙された!となってしまう予想外の展開にはまっています。
僕のお気に入りは「フーガとユーガ」です。ある時期になるとお互いの場所に体が瞬間移動してしまう双子の兄弟の物語です。大半が過去の回想シーンなのですがかなり後半の方に現在に話が戻りそこからの急展開に読んでて「えー!」っと言ってしまいました。ちょっと虐待とかモヤモヤするシーンもあるので苦手な方もいるかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

表紙がとてもかっこいいです。

以上となります。こんな記事にお付き合いいただきありがとうございました!次は洋楽が大好きという祐実ちゃんです!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *