マネージャーあるある

こんにちは、穂刈です。

最初は昔飼っていたペットたちについて書こうと思い原稿も完成させたのですが、ちょっとサイコパスな内容になったのでやめました笑

今回は無難にマネージャーあるあるについて書きたいと思います!

~ビデオ編~

①成蹊大学のオールが光の当たり具合によっては慶應のオールに見えることがある。

②高校生・医学部も浮いていると慶應パラダイスになって紛らわしい。

③同時に慶應の艇が来ると何から撮るか迷ってキャパる。

④スタ練を撮る時の緊張感。

⑤午前は右から、午後は左から日差しが当たるので、片側だけ日焼けしていく気がする。

⑥冬のビデオは割と地獄。寒いのに動けないので、足先が冷えて動かなくなる。

⑦カモがかわいい。カモが美味しそう。

⑧時々散歩中の犬が駆け寄ってくるのが癒し。

⑨ビデオをYouTubeにアップする際、1つのアカウントに短期間に大量の動画をアップしているとアップロードに失敗してしまうので、少しイラつく。

⑩YouTuberになれる気がしてくる。

 

こんなもんでしょうか。漕いでいる姿を見られるのでビデオを撮るのは好きです。マネージャー内でもビデオ好きは多く、いつも高い競争率になっています。(仕事は前日にじゃんけんで決めています)

 

~モーター&モ出し上げ編~

慶應はなぜか男子のマネージャーだけモーターの免許を取得するので、モーターについては正直よく分かりません。隅田練の時はとても大変そうです。車の運転より簡単だと皆さん言うのですが、本当なのでしょうか。免許持っているの羨ましいです…

そのため、モ出し上げ(モーターを牽引して荒川まで運び、また艇庫に戻すこと)のことしか書けません。モ出し上げは恐怖。この一言に尽きます。

 

①車とモーターをつなげたり、モーターの発進準備をしたりとやることが多く、手順をなかなか覚えられなかった。

②牽引する時の内輪差がエグくてとにかく怖い。

③荒川のゲートの出入りで他の車を待たせてしまうので焦る。

④バックしてモーターを河に浮かせるのが1番難しい。センスが問われる。ちなみに私はいつまでたってもできるようにならない。

 

河練前日にモーターのガソリンを入れに行くのですが、ある日セルフでやったらガソリンを前田さんにぶちまけてしまったこともありました。前田さんじゃなかったら殺されていました。前田さん、誠に申し訳ございませんでした。

モ出し上げは正直苦手です。でも本免の技能試験で一回落ちている私が、プラドでモーターを牽引していると思うと感動的ですね笑

 

~食当編~

①食べる人数が多い日は野菜切りの量がハンパない。鍋から食材が溢れる。特に夏休みはボート、カヌー合わせて130人分くらい作るのでヤバイ。

②人気メニューを作る時のプレッシャー。

③タンドリーの日は楽勝。根菜の煮物の日はハード。

 

艇庫飯をうまく作れるかは、普通の料理の腕前とは関係ないらしいです。私はどちらも苦手です笑

最近、吉田迅くんが主菜用の木ベラを折ってしまったので、佐野氏が新しい木ベラを注文してくれました。

大きいですね。佐野氏の身長と同じくらいあるんじゃないでしょうか。(過言)

一度使ってみたのですが、いい筋トレになりました。

 

~日常編~

○変な遊びが流行る

最近マネ部屋ではハンドスピナーが流行りました。

マネ部屋のハンドスピナー使いの始祖、前田さんです。イケメン!

 

その他にもチェキや人狼、腕相撲などが流行りました。

上のいくちゃんの写真との対比がえぐいですね。

 

あと求めている人もいるかもしれないので、迅の写真も貼っておきますね。

 

そろそろラストライフ級の長さになってきたので、ここら辺で終わりにさせていただきます。

 

次は私の1.5倍速くらいで喋る三浦です。よろしく〜

Foodieで撮ったら美味しそうな三浦が撮れたので載せておきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *