遠征

こんばんは。2回目の投稿になります、1年の大下です。

艇庫入りからはやくも2ヶ月が経とうとしていることに驚いています。同期も入部してきて楽しくなってきております。

端艇部員の「Life」として前回は艇庫生活について書きましたが、今回は遠征について書こうと思います。

高校のボート部時代から遠征が大好きでした。屋内やトラックの競技と違ってボートは漕ぐ場所が変わると水の重さや風、景色、匂いなどがガラッと変わります。自然の中で漕ぐことはボートの醍醐味だと思っていますがそれを強く感じることができるのは本当に素晴らしいことです!

今回は先日のU19のフランス、ドイツ遠征について少し書きたいと思います。

まずはフランス。

綺麗すぎる水に大興奮!水温17度くらいだったでしょうか…。到着初日のテンションで飛び込んでしまいましたが異常な寒さでした。

Y中パイセンが同期女子と何やら楽しそうに仲良くしているのが悔しくて僕も宿でおフランスの女の子(ラナちゃん)と仲良くなってきました!顔をうずめて全力で愛を伝えているのですがこの表情..。残念!

ドイツのコースも水がめちゃくちゃ綺麗で本当に飲めるんじゃないかというほどでした。こんなに綺麗で都市に近い水域があるからボートやってみようと気軽に思える文化ができていくのかもしれませんね。

最終日にはほんの少しですが、バイエルンミュンヘンの本拠地アリアンツアリーナに行ってきました。残念ながらサッカーがよく分からないのでデケェくらいしか感想はありませんでしたが..。

食事、景色、建物などいろいろなものが興味深かったわけですが、やはりいちボート部員としては海外選手の圧倒的なフィジカルとテクニックに驚かずにはいられませんでした。

一歩ずつ、着実に頑張っていこうと思いました。

次はツイッターが話題のボートオタク、エイトの初ライフです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *