捨て子確定

こんにちは、足利です。
今回は、先日僕の留年が決定したのにちなんで、「浪人」、「留年」について書きたいと思います。

改めて報告させて頂きます。私、足利海知は留年しました。この件以来母親からは、「あなたは捨て子確定だ」と言われるようになりました。1年分の学費を余計に払わなくてはならない親にこのように言われるのは、ある意味当然のことではあると思います。

そんなことはさておき、今日は僕が1留しかしないという前提で、僕を超える逸材について書きたいと思います。

1つ目の例は、僕の高校の先生です。その先生は国語の先生なのですが、非常におっちょこちょいな方でした。結局その先生は、「1浪1留1就職浪人」でした。

2つ目の例は、僕の友達の予備校の先生です。その先生は予備校で地理を教えてる方なのですが、なんと東京大学の出身です。ただこの方は、「3浪3留」だったそうです。頭の良い人の考えることはよくわかりません。

3つ目の例は、ある京大の医学部生です。噂によると京大の医学部には、「5浪の会」というものが存在するらしいです。5浪してでも京大の医学部に入学したいという方が沢山いるということですね。

こういう方々がいることを知ると、改めて「上には上がいるものだな〜」と思うばかりです。あ、感心している場合ではありませんね。なんとしてでも僕は後4年で卒業することを皆さんに約束します。

次は梅津くんです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *