舟廷庫

こんにちは。

ミワ君から紹介にあずかりました、今年の新1年生に川村さんと呼ばれる日もそう遠くないのかと思っている村川です。

学連マネージャーという立場上、艇庫にいる時間が必然的に少なくなるわけで、その上今年は引退が早いわけで、
いっそのこと川村さんでも村上さんでも名前を憶えてほしいところですが。

 

艇庫内の縦の繋がりが希薄になりがちな学連MGRですが、戸田での横の繋がりはびっくりするぐらい広がります。
特に閉鎖的な慶應ボート部では、漕手で他大ボート部員に知り合いがいる人は半分もいないんじゃないでしょうか。ましてや他大の艇庫に入ったことがある人なんて一握りでしょう。

 

ので今回は偏見だけで(学連と関わりのある)各大学艇庫のイメージを書き連ねたいと思います。

中央:駅から遠すぎる。中は慶應艇庫と近しい感じだと思っている。艇庫から出て目の前でコースビデオを撮れるの地味に恩恵受けてそう。駅から遠すぎる。

成城:敷地こそ狭いものの建物自体が艇庫っぽくなくて羨ましい。

成蹊:上に同じく。玄関がまず綺麗。

一橋:まず敷地が広すぎる、上に3階建、かつ清潔感異常。トイレが多い。慶應艇庫を全部2~3倍にしたらこうなる。普段使ってないデカいホールがあるのがおかしい。これが学内ヒエラルキーの高さなんだろうなって感じの建物。只、中にいる人間は慶應と似通ってると思う。

明治:どの艇庫とも形が違うと思う。広いようで狭いようで広い。

東経:中には入ったことないけど、インスタで見る限りは生活感のある綺麗な艇庫なイメージ。今度お邪魔したい。

法政:玄関入ってすぐホールな感じ。部員の距離感近くて仲良さそう。女子力高め。

学習院:法政と形はほぼ一緒だと思ってる。学連的になにかとお世話になることが多くていい人多めだから好き。

東大:一橋に次ぐ敷地のデカさ。夕方訪れると厨房からめちゃくちゃいい匂いが漂ってくる。トイレが多い。個人的に移住したい艇庫ランキング1位。

海洋:ボート部員が一番通る道にある艇庫。歴代猛者学連員の巣窟。狭いようで広いようで正直狭い。最近新しい建物建てられてたしそうでもないのかもしれない。

立教:金属なグレーの艇庫。縦にめちゃくちゃ長い。敷地内に自販機あるの地味に羨ましい。

東工:対岸側から戻ってくると、ミニオンが窓から顔をのぞかせてる艇庫。建物のオシャレ度1位。

日大:日大っぽい、強さが全面に出てる艇庫。玄関広め。きれいだしデカいけど下級生として入寮したくはない。

慶應:ノーコメント

早稲田:一番近い存在の艇庫。シャッター前のスペース上にトレーニングルームがあって実質屋根になってるの画期的すぎて羨ましい。現代建築っぽくて良い。唯一の弱点がマネ部屋の狭さ。

 

対岸側からぐるっと1周回り終えたところで今回はこの辺にしたいと思います。

他大から羨まれるような艇庫を目指したいところですね。

次は八木君です。

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *