TAKEZO

 

こんにちは。タピヨさんにご紹介に預かりました、田村 直親です。

残念ながら今回は僕が食べた美味しいものについてはお話しません。

興味のある方は僕のインスタをフォローしてみてね。

 

さて、今回は新歓シーズンも近くなり戸田の生活を紹介したいという思いから、竹蔵について紹介したいと思います。

竹蔵とは竹蔵接骨院のことで慶應端艇部で知らない人はいない戸田の名所のひとつです。

まぁとにかく竹蔵接骨院に行ってみましょう。

~🚴‍♂️~

はい、自転車で5分、竹蔵接骨院に到着です。

竹蔵接骨院に着くと竹をイメージした鮮やかな緑色のゲートウェイが練習に疲弊したrower達を迎えてくれます。心安らぎますね。

ゲートウェイをくぐるとピンクのお花がステキなフロントデスクが。加湿器も備えており、これには冬になると顔に白い粉を吹く向井くんもニッコリ。

地域のマダムにも大人気の竹蔵接骨院なので開院10分前には長蛇の列ができることも。そんなとき心配なのは待ち時間。

しかし戸田市有数の漫画喫茶でもある竹蔵接骨院ならワンピースからテルマエロマエまで様々な新旧タイトルを取り揃えているため、何時間でも待ち時間を潰すことができます。

rowerのなかには漫画を読みに竹蔵へ行く人もいるらしいですね。僕もその1人です。

本棚の上には見覚えのある顔が…

歴代の諸先輩方もここに漫画を読みにきていた施術を受けに来てていたことが分かりますね。慶應端艇部が代々竹蔵を愛していたことが伝わってきます。

本棚には僕が浦くんに「ピーー死ぬよ」とネタバレをしたナルトもあるようですね。そろそろピーー死んだ頃でしょうか? 

 

僕も浦くんに倣って一巻からナルトを読んでいると奥から「直親くーんどうぞー」とエエ声が。

竹蔵接骨院で日々多くのrowerを診ている凄腕柔道整復師さんがこちら

荒井宏之さんです。

あれ、お名前竹蔵さんじゃないんですね。

竹蔵接骨院の名の由来を伺ったのですが、それはそれは涙無しには語れないものですのでここでは書きません。聞いた由来を忘れたわけじゃありませんよ?断じて。

こちらの荒井さん、なんと受診者みんなに年賀状を送ってくださるジェントルマン。YouTubeでマリオカート実況を毎日更新する勤勉な方でもあります。

 

施術にはいっていきますが、これは説明が難しいので簡単に。

基本は電気治療や超音波によるコンビネーション治療と触診による施術ですね。

電気治療中などは漫画を持ち込んで読み進めたり爆睡を極めこんだりとリラックスタイムになります。うーん優雅。

僕はこの日、ナルトを霧隠れの抜け忍桃地ザブザを倒したところまで読み進めました。カカシ先生カッコいい。写輪眼僕も欲しいです。

荒井さんの勤勉さはマリオカートだけでなくお仕事にも発揮されており、運動力学やリハビリテーションなどの知識をプロトレーナーのセミナーなどで日々仕入れてきてくださり、空いている時には様々な視点からのアプローチを提案して下さったり、体の使い方について実際に基礎的な動作トレーニングをして下さったり、怪我の根本的解決に協力して下さいます。

 

▲施術所に設けられた特設スペースと、様々なトレーニング器具たち

▲最近仕入れてきたアイテムによる動作トレーニングを受ける僕

この新作アイテムですが、いくつかの動作テストによって自分に足りない基礎的な能力を見極めることができ、それに応じたトレーニングをできるので皆さん是非。

この冬はこうしたご指導のおかげで個人的に日々進歩を実感しています。本当にありがとうございます。

 

さて、大変名残惜しいものでありますが施術が終わってしまいました。漫画を読み足りない時はなんとなく帰るのが寂しい時は施術後も待合室に居座ることもあります。他のマダムの邪魔にならないようにしましょうね、うん。

最後におまけですが、この日は竹蔵の近くにあるドゥ ムッシュというパン屋さんでパンを買って帰りました。

竹蔵が混んでいる時には診察券を出してからここに買いに来るのも良いですね。

 

最後まで拙い文章を読んでいただきありがとうございました。

今なら竹蔵に行った時に「ライフで読んだよ!」と言っていただければアスリート施術コース半額になったりはしませんしそんなコースそもそもありませんが、行ってみてはいかがでしょう。

 

次は論破されたことを絶対に認めないことに定評のある中島くんです。

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *