えらい!!【甲州弁:凄い⠀】

 

話し方にあまり抑揚がない小宮山息吹くんから紹介されましたタピオカ軍団団長こと総合政策学部2年の流石章代(さすがあきよ)です。宜しくお願いします!

写真のタピオカは最近飲んだ新宿東口にある台湾甜商店(タイワンテンショウテン)のキャラメル抹茶スムージー(税込594円)です!タピオカが上にのってるのは珍しいですね、、、

残念ながら今回は皆さんが期待しているタピオカについてではなく、母校である山梨県立吉田高等学校のボート部新歓PVが凄い!ということについて書きたいと思います!

私が高校生の時は写真を何枚も使ったスライドで新歓を行っていたのですが、、、現在はかっこ良い動画になっていました!「2019年度吉田高校ボート部の新歓PVのクオリティが高すぎる!!!」

いくら私が凄い!かっこ良い!と言っても伝わらないと思うのでここでみなさんにも見ていただきましょう!!

↓動画↓

https://youtu.be/1ogoqMI0Gak

どうでしたか?!凄いですよね?!いつも学校では陰キャなボート部員、大好きな徳さん(顧問の先生)がこんなにも映てます!

このPVは吉田高校1年生のこまい君が作ってくれました。そこでどのようにこのPVが作られたのか彼に取材しました!

期間:

構想は去年11月頃から考えて今年の1月に撮影を開始し、撮れた素材ベースに2ヶ月で完成。

作り始め:

撮影が始まる前に漠然と3つくらいのシーンからなる語りベースのストーリーものを考えたがストーリー設定は難しく粗すぎたため、ひとまず撮れるだけ素材を集めて、そこからその素材を見て作成。

結果として、中盤の盛り上がるあたりから水上の映像メインにして、前半は陸上の活動を多めに見せるという流れに決まり、PVとしてまとまるようにナレーションを導入。言う内容は、その場でいろいろ試して決めた。最後の「熱く煌めく最速の三年間を」というフレーズは去年のPVの最後に入っていて面白かったので採用。

編集:

SNSで発信するものであるため短ければそれだけ良いという考えがベースにあった。短い曲に合わせてとにかくカットを多用して最後まで飽きずに見てもらえるようにという点を意識して編集。また、ただ漕いでいるのを延々何カットも流してもつまらないので、いろいろな構図のカットを混ぜた。

カメラワークは水上ではひとまずブレなく撮り、素材としてまともに使えるものを撮ることを意識。エルゴやリギングの時はなるべく様々な視点、距離からやっていることの全容や、面白く見える映像を撮るようにした。

映像はすべて、カラーグレーディングという作業をして、映像の色味や明るさなどをそのシーンの雰囲気を伝えられるように調整。

カメラはα7iii というミラーレス一眼というタイプを使用(上の写真)

このように、、、たった1分14秒の動画であるけれど多角的な角度から構想が練られていて感動しました!

こんなにかっこ良いものを作ってくれた、こまい君(16)、本当に凄いです!ありがとう!

 

このPVをみて毎日、朝練と午後練を行なっていた河口湖をとても懐かしく思うと同時に富士山をバックに素晴らしい自然の中で練習をしていたのだなと感慨深かったです。帰省した時は頑張っているボート部に差し入れをしたいと思います!そしてPVがたくさんの人へ届き、吉田高校ボート部に多くの人が入部して欲しいですね!

あ、もちろん慶應ボート部にも!特にSFC生大歓迎です!!

最後に私が高校2年生だった時の「河口湖インターハイ」吉田高校集合写真で締めたいと思います。最後まで読んで頂きありがとうございました!

次はいつも美味しいものを食べている田村直親くんです!お願いしまーす!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *