一刻千金

こんにちは。法学部政治学科4年コックスの小原孝明です。

前回のライフで
>最近欲しいものは『頭スッキリ ひんやり メタルシャワー』です。
と書きましたが未だ手元になく、それどころか後輩コックスがそれを持っているのを見てより悲しくなりました。どうやら西の湖で漕いでらっしゃる先代主将も愛用していたそうです。ちなみにアマゾンでは651円で売っています。艇庫の住所はページ一番下「アクセス」をクリッククリック。

たまにはボートの話をしてみましょう。これは本当に難しいスポーツですね。
単純計算で年間300日x2モーションx2時間x3年=3600時間ほど船の上で波に揺られていましたが、何か壁にぶち当たる度解決に悩み続けます。壁を残したままいくら漕いだところで時間と体力を消費するだけで何も得られません。
初めの1年は驚きの連続でした。腰を痛め、手の皮がべろんべろんになり、エルゴをひくとゲロを吐く。正月も合宿をし、吹雪の中半袖短パンで練習して後頭部と船を凍らせる。0.1度単位で傾きを直し、風が吹けば18mの船も沈没する。舵を取るのが仕事なのに正面が見えない。コックスだけが曲がっていることに気づかない。欠陥スポーツだよなぁと今でも思います。ウインカーくらいつけろよ。

ではなぜ僕がボートを続けているのでしょう。日本一になりたいからです。もしここまでのキャリアで日本一になっていたならば、そこでボートは辞めていたと思います。残酷なことにスポーツは勝たないと負けたまま終わります。僕の早慶戦は一生負けで終わりです。中学も高校も、バスケはよくわからないところで負けて終わりました。
どうすれば負けないのでしょうか。体力やパワーがあるに越したことはありませんが、一番大事なのは修正し続けて漕ぐところです。40過ぎても勝つ選手がいるということはそういうことなのだと思います。艇庫のダルマも考えて漕げと言っていましたがその通りだと思います。

突然ですが今の楽しみはハツカ大根の栽培です。艇庫で使ったトマト缶を拝借しプランターにしています。朝晩水をやるたびにすごい勢いで成長していて育てがいがあります。何事も過程を楽しむのが好きなので料理をするのも壁を登るのも自転車を漕ぐのも好きです。良い趣味があれば教えてください。

お次は僕の倍以上波に揺られ過程より結果を好みそうなタモンです。