艇庫の木について

こんにちは。端艇部3年の立川です。

更新が遅くなってしまい、申し訳ありません。

今日は、艇庫の木の変化について書きたいと思います。

艇庫の門を入ってすぐのところに大きな桜の木があります。

今年の4月には満開の花が咲き、道を行き交う人々が見上げたり写真を撮ったりしているのをよく目にしました。

個人的には、大学ボート部の艇庫にある木の中では一番立派なものだと思ってました。

しかし先日、全日本軽量級選手権大会の日である5月28日に、桜の枝がばっさりと切られてしまいました。

かなり枝が伸びてしまっていたので仕方が無いことなのですが、来年以降は今年ほど立派な桜が見られなくなると思うと少し悲しくなりました。

これから何年、何十年かかるのかわかりませんが、また成長して大きくなってくれたらいいなと思いました。

 

以上、桜の木についてでした。

写真載せたかったのですが、容量が大きすぎて載せられませんでした。すみません。

次は寺坂君です。よろしくお願いします。